インマヌエル総合伝道団
   山形キリスト教会
 
住所:山形市錦町15-24
電話:023-632-0809
牧師:釣としえ

2019年

2月

17日

第3日曜日は聖別会です。

毎月第3日曜日は愛餐会後、聖別会を持っています。1月から村上宣道先生のメッセージから学んでいます。先生のメッセージは楽しく良くわかると、楽しく学んでいます。

終わった後、10分間の祷告会を持ち、久しぶりにインマヌエル讃美歌をたくさん賛美しました。讃美歌にはいろいろな思い出があり、次々讃美しました。

2019年

2月

11日

教会のドラムセットです

山形学院の野球部の方が、6名で礼拝に参加されました。

礼拝の子供礼拝の中で、「知らなかったイエス様の愛に」の子供賛美の時、ギターと共にドラムが入りました。高校生の方は興味をしめされ、礼拝が終わった後も楽しんで行かれました。若い方にはこんな讃美も必要なんですね。山形教会の皆さんは年齢を重ねた方も、みんな楽しそうに参加しています。

2019年

2月

04日

ソーイング教室の作品です

いつも土曜日10時からソーイング教室が持たれています。

今週は中学生3名と大人の方が来てくださいました。「ここに来るとほっとして心が休まる」と言って下さり、「春になったらお友達も誘いたい。」と。子供達も中学生になっても来て、楽しく過ごしています。聖書の時間は「ダビデとゴリヤテ」でした。

2019年

1月

27日

朝から雪の中での礼拝でした

昨夜から雪が降り、朝は雪が積もっていました。朝からの除雪で駐車場は雪がなくなりました。教会は、教会総会を持ちました。写真は教会に届けられたイチゴです。牧師室は真冬ですが温室のようで暖かく、次々とイチゴが色づきました。8人の子供達の名前がつけられ、食べられるのを楽しみにしています。雪が降っても感謝です。

2019年

1月

20日

受験生、頑張っています。

新年になって山形教会は大学受験生、1名 高校受験者3名居ます。教会ではそれぞれ相応しい学校に進むことが出来る様みんなで静かに心から祈っています。

新年にはそれぞれ今年与えられたみことばの紹介をしました。みんなでディボーションを守りましょうと話し合いました。

 

2019年

1月

14日

春のような中での礼拝でした。

新年になって教会の壁に、みことばを掲げました。

見よわたしは新しい事をする、今もうそれが起ころうとしている。イザヤ43章19節

 このみことばは献堂式のおり、北本教会の小林富美子先生が書いてお送り下さったものです。新年に改めて掲げて感動しました。

 このみ言葉は一昨年、会堂建設に取り組むために与えられた新年のみことばでした。

神様がして下さる新しい事、

今年は山形教会に新しく、イエス様を心に迎えてる方が起こされる事を願がっています。

 

2019年

1月

06日

あけましておめでとうございます

2019年、今年もよろしくお願い致します。

昨年の、3月21日の献堂式に頂いた胡蝶蘭です。花が終わって、夏の間デッキの横にすてられたのですが、11月、花芽が付いているのを見て、部屋の中に入れましたら、野生の欄のように花が咲き「頑張って居るよ」と言っているようです。

 新年になって満開になりました。

山形教会の今年の目標は、「全員ディボーション守ろう」と言うことです。

 

2018年

12月

31日

大雪の年末感謝礼拝でした。

久しぶりの大雪、45cmありました。礼拝の朝、早めに来て皆さんが除雪をして下さり、礼拝を守る事が出来ました。

年末感謝礼拝を守り、お昼は年越しそばを食べました。

一年守られた感謝のあかし会を持ち、みんなで会堂掃除をしました。

子供達はデッキに積もった雪を集めてかまくらを作り楽しんでいました。雪国ならではの楽しみです。

大人もきれいになった教会に、新年を迎える気持ちも新たにしました。

2018年

12月

24日

2018年クリスマスおめでとう

クリスマス礼拝には27名の方と共に守る事が出来ました。午後からの祝会はいつも名司会をしてリードして下さる方が、仕事の為来られませんでしたが、中高生たちが大活躍で、プログラム作りり、抽選券作り、ピアノで盛り上げて下さりと大活躍で素晴らしいクリスマス会となりました。

紙芝居、讃美、プレゼント交換で笑顔があふれています。

 

2018年

12月

24日

クリスマス礼拝と祝会を守りました

今年のクリスマスは特大ケーキでびっくりしました。30人分の四角いケーキに、みんなで満ちたりました。

インマヌエル山形教会は溢れるほどの良いもので満ち、霊肉共に、心も体も満ち溢れています。

今年は雪のない、おだやかなクリスマスでしたので、次の日は休日と言う事で、大人も子供も受験生もゆっくり過ごしました。

 

 

2018年

12月

17日

クリスマス・コンサートを持ちました。

12月16日(日)角田育代、斉藤葉子、大浪真知子氏によるヴァイオリンとピアノのコンサートを持ちました。山形に居ながら、ポーランドを中心にヨーロッパのクリスマスに連れて行って頂いた気持ちがしました。深い河をこえてとアベマリアは牧師の大好きな曲で、みんなで牧師の笑顔を思い出しました。

素敵な演奏をして下さり、4時前に名古屋、盛岡にお帰りになりました。良い天気にも恵まれました。

 

2018年

12月

10日

楽しい時を過ごしました

2時半から始まったクリスマス会、皆様に楽しんで頂きました。幸せなら手を叩こう・・にみんな笑顔で手を叩き、足ならしました。クリスマスの子供達の紙芝居、キャンドルサービスではペンライトをみんなで振りながら讃美しました。最後は「ふるさと」を合唱して終わりました。職員さんの暖かいお心づかいに教会の皆さん感謝していました。素敵な施設です。

 

2018年

12月

10日

ねむの家クリスマス会をしました。

9日(日)午後からねむの家のクリスマス会の為、ソーイング教室の子供達が縫ってくれた、ミニ手提げに親子3人で手づくりして下さったクリスマスクック―をみんなで入れる作業をしました。とても素敵なプレゼントです。山形教会にはそれぞれ豊かな賜物をもった方の素敵なハーモニーで進んでいます。

2018年

12月

02日

アドベントを迎えました

今年のクリスマスツリーは教会の看板のそばに置いていた杉の木を使いました。

 12月2日(日)ギデオンの方2人がおいで下さり、聖書配布の時の情景を歌にして聞かせて頂きました。ご苦労な事もあられるのに、「誰かの心に福音を」と言う暖かい思いがにじんでいて、一同感動しました。

 ギデオンの方がピザをたくさん持ってきて下さりみんなで感謝して頂きました。大人も子供もほうばりました。また、良き交わりが出来ました。

その後、来週は「ねむの家」でのクリスマス会の為、みんなで準備をいました。

 

2018年

11月

25日

山形に初雪が降りました

クリスマス一か月前に、初雪が降りました。いつもの年より一週間遅いそうです。雪が降るといよいよクリスマスが近づいてきた。と感じます。

今年のクリスマスの飾りつけは

落ち着いた飾りつけになりました。盛岡教会の國光先生から頂いた

クリスマスのツリーが玄関に飾られました。

2018年

11月

19日

特別集会が恵みのうちに終了

仙台教会、田中敬康先生をお迎えしての特別礼拝と信徒講座が持たれました。チラシから初めての方が3人と関係者2名がお子さんと共に出席されました。

先生は聖書知識の豊かな方で、豊富な人生経験の中から楽しくわかりやすく語って下さいました。

昼食は先生を囲んでビーフシチューと色々な季節の果物をいただきました。

2018年

11月

12日

18日(日)いよいよ特別集会です。

秋の特別集会が11月18日(日)あります。

長い間お祈りをして、準備をしてきました。

素敵なチラシも作られ、今教会の前に張り出されています。

講師の田中敬康(noriyasu)先生はアフリカ・ケニアで宣教師をされ、大きな働きをされました。帰国後は仙台教会でご奉仕され、神学院で教鞭をとられ、国内宣教局長として活動されました。84才の今も尊いご奉仕をしておられます。 是非お出かけ下さい。

2018年

11月

04日

特別集会の為に祈りました。

11月18日(日)特別集会が持たれます。

講師は田中敬康先生(仙台教会)がおいで下さいます。午後からは信徒講座で「聖書の成り立ち」について学びます。教会員一同楽しみにしています。

とっても美しいチラシを作って下さいました。みんなで祈りつつ準備しています。

 写真は紅葉が始まろうとしている山辺墓地公園の入り口になっています。教会の愛餐会はリンゴ、柿、らふらんすなど秋の実りで満ち溢れています。

 

2018年

10月

28日

墓地公園の整備に行ってきました。

午後から天気が良かったので教会の有志の方6人と墓地公園にいきました。つたを切ったり、不要な木を切り倒し明るい公園になりました。写真は入口の桐の樹です。35年前は小さな木でしたが、いまは空洞が出来そこに蜂が巣を作りました。ご近所の方の話では、クマがきて蜂蜜を食べていたそうです。年輪のある桐の木でした。

クマを見たいような、出会いたくないような思いでした。

 

2018年

10月

21日

教会玄関に飾られた絵

教会玄関に飾られた花と絵です。絵は天に帰られた原田兄が大切にされていた、キリストの洗足の絵です。ルオーのキリストの絵に似ています。今日は午後からの聖別会でこの絵の聖書の箇所から、弟子たちを「極みまで愛された」メッセージから学びました。

中高生たちが残ってピアノ、クラリネット、ドラムの練習をしています。」