インマヌエル総合伝道団
   山形キリスト教会
 
住所:山形市錦町15-24
電話:023-632-0809
牧師:釣としえ

2021年

5月

18日

麦の穂を飾りました。

農協の産直市場に行きました。

なんと麦の穂が一束100円で売っていました。

思わず買って帰りました。

イエスが言われた「一粒の麦が、地に落ちて死ななければ、一つのままです。然し死ぬなら、豊かな実を結びます。」ヨハネ12章24節

子供たちにも麦の穂を知ってもらいたいと思いました。

 また、教会の南向きの、デッキに出る窓に、カーテンではなくその障子になっています。その商事は麦の穂のデザインになっています。

 

 

2021年

5月

10日

母の日の礼拝を守りました。

母の日を前に豊田の教会の方からピンクのカーネーションが送られて来ました。10年前の東日本大震災からずーと毎年頂いています。息子夫妻からは赤い花でした。教会の礼拝の会堂にかざり、みんなで感謝しました。また、教会のお母様方にはお花のプレゼントがありました。

山形はコロナの感染も落ち着き、会堂での礼拝を守ることが出来るようになりました。

村山から来られる方が、庭で取れた立派な竹の子を沢山持ってきてくださり、みんなで分け合いました。豊かな祝福を頂きました。

2021年

4月

18日

ソーイング教室の友達

土曜日は朝9時からソーイング教室をしています。

小学生だった方たちが、みんな中学生になりました。

今はレジンも楽しんで、お友達の為にキーホルダーやペンダントを作っています。ミシンも上手に手早く作れるようになりました。また、短い聖書の時間も楽しみです。

2021年

4月

05日

イースター礼拝を守りました。

4月4日(日)は復活節の礼拝を守りました。昨年もイースターから、コロナ拡大が始まり、自粛のイースターでしたが、今年も山形の感染拡大が強くなり、愛餐会なし、祝会もない寂しいイースターとなりました。

せめて。玄関にはいつものように卵や花をかざり、にぎやかになりました。

午後からは、イースターの卵を届けに家庭を訪問しました。また、夕方から来訪される方がおられ、お祈りの時を持ちました。

 

 

 

2021年

3月

22日

くちなしの花が咲きました。

昨年小さな苗木で買った、くちなしの花が咲き始めました。普通は5月頃に咲くのですが、部屋の中が温かく、日差しも入ってくるので、3月に咲きだしました。

会堂に飾りましたら、甘い香りが漂い、みんなで春を感じました。

山形もコロナの感染者0が続いていましたが、ここにきて20人、30人と出ましたので、もう一度、心を引き締め、感染対策をしっかりすることを、話しました。

2021年

3月

15日

卒業式の週となりました。

小学校の卒業式は18日(木)、中学校の卒業式は16日(火)だそうです。

ソーイング教室の子供たちはそれぞれお友達にプレゼントするため小さなポーチやレジンでキーホールダーなどを上手に作っていました。

おしゃべりがとても楽しいようです。教会に子供たちが集うのは嬉しい事です。

2021年

3月

08日

3月になりました。

教会では月末にみんなで大掃除をしました。会堂に聖句を掲げました。「見よ、わたしは新しい事を行う。今、それが芽生えている。」イザヤ43章19節

明るい陽の光が気持ちも明るくなります。三密を避けるための窓の解放も、少し楽しくなります。

デッキで子供たちも遊べるようになりました。

2021年

2月

16日

3年前の献堂式の胡蝶蘭です。

 3年前の3月23日に山形教会の献堂式を持ちました。その折、りっぱな胡蝶蘭をいただきました。花も終わり、育たないと思っていましたら、昨年も2回花が咲き、今年も小さな花が咲きました。みんなでね。「野生の欄に戻ったね。」などと話しています。

 2月14日(日)は礼拝後、バレンタインデーと言うことで、皆様にささやかなチョコレートをプレゼントいたしました。子供たちは大喜びでした。

 今外は大雪の中ですが、皆さんお体を大切に

なさってください。

 

2021年

2月

01日

会堂の大掃除をしました。

いつも第5週の日曜日は大掃除の日です。礼拝後時間のある方で、換気扇の掃除や、床を丁寧に拭き掃除しました。

金,土と2日間の大雪の後でしたが、礼拝前に皆さんで雪かきをして下さいましたが、午後は春の日差しとなり、楽しい大掃除でした。今年は2日が節分で、日差しは明るくなりました。

 

2021年

1月

26日

新年にオリーブの苗木が来ました。

今年は大雪の新年、また成人の日も大雪でした。教会の牧師室はまるで温室のように陽が注いでくちなし、沈丁花も生き生きしています。

オリーブは60年前16歳の時小豆島で豊かに実った大きな木を見て以来育てて見たいと思って居ました。大きくなるのが楽しみです。山形で育つでしょうか。

2020年

12月

21日

今年のクリスマスは大雪の中

2020年

11月

23日

蔵王に雪が降りました。

孫を送って行く途中、馬見ヶ崎河原から、蔵王連山を見ると雪雲がかかり雪をかぶっているのか見えました。

この季節は新米、柿、りんご、ラフランス、おいしいものが一杯です。

教会は、白菜、大根、キャベツ、ネギ、などたくさん頂ましたので、みんな新聞紙にくるみ、ダンボールに入れて備蓄しました。

山形の人は秋にはおいしいもので冬眠前の熊さん状態です。体にも備蓄しているようです。

コロナにも、インフルエンザにも負けない、免疫つくりのためにも、体を動かさなければと思っています。

 

2020年

11月

08日

教会の庭は冬支度になりました。

月山や蔵王の竜山に冠雪があり、山形では冬支度が始まりました。教会の宣教車も冬タイヤを装着ました。

小春日和の日に、庭の冬支度をし、5月からズーと咲き続けてくれた、アンネのバラも全部切ってつぼみのうちに会堂に飾りました。

会堂に飾ると暖かい部屋で華やかに咲きました。

ランやクチナシは部屋の中に入れました。

牧師の部屋な南向きにあり、これから温室ようになります。

ちなみに今、パインアップルを育てています。

 

 

 

2020年

10月

26日

クリスマスの話し合いをしました。

礼拝の時に村山から来られる方が、ザクロをもって来て下さいました。

帰りにはみんな粒を口に酸っぱい。懐かしい。と話しながら、帰られました。礼拝後はみんなで今年のクリスマスについて話合いました。プレゼント交換やオードブルはやめて、お弁当にすることになりました。今年しかできない良きクリスマスを祈りました。

2020年

10月

13日

墓地公園で野外礼拝を守りました

台風14号が不思議な動きをして、それていきましたので、山形は天気が守られ、久ぶりに山辺の墓地公園に行きました。

庄内風の芋煮会をし、野外でおいしく頂きました。みんなで礼拝をまもり、その後それぞれ

のこぎり、鎌などできれいに整備の時を持ちました。

2020年

10月

13日

墓地公園で野外礼拝です

2020年

9月

29日

金魚が大きくなりました。

5月30日に教会に来た金魚ですが、水槽が狭く感じる程大きくなりました。

子供達は 天国の稔牧師が「よく生きているね。大きくなったね。」と言っているかも。

金魚や魚、カメなど、水の中の生き物がすきだったのを思いだしました。 ちなみに、牧師が残していった「ミドリガメ」は27年も生き、今も健在です。

2020年

9月

21日

今年はトマトが豊作でした

今年は7月中は雨が続き、8月になって35度の日が続きました。そんな中トマトが沢山採れ、金曜日の子供食堂で活躍してくれました。

ついでにネギとシソ、三つ葉は買うこともなく、食卓を潤してくれました。

来年は倍ぐらい植えて、と欲張りな考えをしています。

実りの秋を迎えました。山形は梨、葡萄が盛りを迎えました。新米も楽しみです。

 

2020年

9月

14日

ソーイング教室楽しんでいます。

土曜日朝9時からはソーイング教室です。中学3年、1年、小学6年生のお友達が集っています。

 12日は小学生はレジンを楽しみ、中学生は手提袋やポーチ。

フエルトでマスコットのペンギンやサルを作っていました。大人の私たちにとっても楽しい嬉しいときです。中学3年生のお友達は函館に修学旅行に行き、「楽しかった。」と話してくれました。お土産に函館バタークッキーを頂きました。

2020年

9月

08日

暑い日が続いています。

山形は連続35度の暑い日が続いております。

牧師は太陽の光に弱いので日中は、必要最低限の外出で、早朝、夕方に活動をしています。

教会の庭に、暑さにも負けず真っ赤なばら、やアンネのバラが咲き、ミニひまわりが元気に開いております。

今年初めてミニトマト、つる紫を植えました。朝毎に少しづつ収穫出来て、一人の食卓を潤していてくれます。

涼しい秋の訪れが待たれます。