インマヌエル総合伝道団
   山形キリスト教会
 
住所:山形市錦町15-24
電話:023-632-0809
牧師:釣としえ

2022年

8月

08日

真夏のメサイヤに行ってきました。

8月7日(日)

午後から山銀ホールでヘンデルのメサイアの演奏会がありました。

イエス様のお誕生から、十字架の死、復活、そして栄光の主のお姿。ヘンデルはこのオラトリオを3週間で書きあげたと聞き。びっくりしました。

音楽家が主イエス様をこのように表現できることに、改めてすごいと思いました。今も 「王の王、主の主」のコーラスが響いでいます。

神様からの素晴らしいプレゼントでした。

2022年

7月

26日

しおからトンボの孵化を見ました。

今朝、教会の敷地を散歩していましたら、しおからトンボが孵化をし、ゆっくり羽を乾かしていました。

教会の裏はにはきれいな水の流れている堀があります。旧会堂の時は、礼拝中にトンボが

入って来て、子供たちが大喜びをしたのを思いだします。

夏休みのキャンプの時、子供たちと羽化の様子を観察したことを思いだします。

ヤゴが変化して、空高く飛ぶ姿に、天に帰って行った牧師の事を思い起こしました。

やがて、私も天に帰る日を思った朝でした。

2022年

7月

10日

トマトが赤くなり始めました

今年は6月下旬に35度になり、猛暑が続きました。山形特産のサクランボも赤く甘かったのですが、今年はトマトも早く赤くなり始めました。早速つまみ食いをしましたら、甘くてフレッシュでした。

トマトの隣は「なす」が申し訳なさそうに1つだけ成らせました。1つだけでしたので天ぷらにして、そうめんと一緒に食べました。

ゆっくりした夏の一日でした。

2022年

6月

27日

冷房と暖房の切り替えを・・・・・

今年は教会の庭には沢山のアジサイが咲き、楽しませてもらいました。2年越しにくちなしの花も咲き、香りを楽しみました。

26日の礼拝は熱かったので、クーラーをつけました。温度を低くしても涼しくならず、女性の方は更年期障害かと思った。と話していました。

信徒の方が見るとなんと暖房になっていたそうで、寛容な信徒の皆さんは大失敗も、我慢大会になったとみんなで笑いながら話していました。

2022年

6月

12日

今年初めてのサクランボです

6月になって天候が不安定ですが、今年、初物のサクランボを頂きました。

このサクランボを見ると、初夏の訪れを感じます。

6月はお誕生日の方が3名居られたので、赤飯のお弁当をつくり、サクランボを弁当に入れました。

トマトを下さっ方、昆布巻きを作って下さる方によって、豊かなお弁当になりました。

サクランボ農家の方はこの時期、お忙しく礼拝はお休みになられました。

これから6月末までつづきます。

 

2022年

6月

05日

久しぶりに愛餐会を持ちました。

6月5日はペンテコステ礼拝でした。

聖餐式を半年ぶりに厳粛に守り、

礼拝後はイースター礼拝に続いて愛餐会を持ちました。

久しぶりのカレーで大人も子供も喜びました。大阪に行かれた方がお土産に、お好み焼きと串カツのお煎餅をくださいました。コーヒーを飲みながらゆっくり過ごすことが出来ました。

2022年

5月

30日

さわやかなブルーのアジサイ

母の日に頂いた、ピンクのカーネーションを3週間、講壇の脇に飾りましたが、6月を迎える時、星型のブルーのアジサイを頂きました。初夏の講壇となりました。

4月、5月と旧約聖書のモーセの生涯を学びましたが。29日はモーセの死についてのメッセージでした。来週はペンテコステ礼拝です。

仙台から22歳の青年をお迎えし、礼拝後自転車で鶴岡まで行くとのことでした。

若い時はいろいろなことに挑戦してみる事もいい事と思い、みんなで祈りつつ、送り出しました。

9時間かかり無事、ついてよかったです。

 

 

2022年

5月

22日

今年もアンネのバラが咲きました。

今年の冬は大雪でしたので、雪かきの為オリーブの木も、くちなしの木もみんな折れてしまいました。アンネのバラも心配しましたが、今年も元気に花が咲き、喜んでいます。これは献堂式の記念にとAIさんが尼崎のアンネの記念教会からお送り下さったものです。

挿し木して近所の方にもお分けしました。とても丈夫なバラです。

秋まで咲き続けます。楽しみです。

2022年

5月

16日

野草園の水芭蕉が咲いていました。

11日(水)聖書の学び会は、2人の方がお休みでしたので、さわやかな天気に誘われて、山形市の野草園に行ってきました。

エコーラインは若葉のトンネルで、木漏れ日がキラキラして軽井沢の様でした。

水芭蕉はすでに終わっていましたが、私たちを待っていてくれたかのように、2株白いきれいな花が残っていました。

くりんそうが一面に咲いて美しかったです。

園内は連休明けで私達だけの貸し切り状態でした。

 

2022年

5月

08日

母の日の礼拝を守りました

5月8日は今年の母の日でした。

礼拝音楽では、『まぼろしの影をおいて、浮世にさまよい」と明治の賛美歌を演奏して頂きました。

みんなでひと時、それぞれの母を思い感謝の時を持ち、礼拝後はお母さんたちに「ドレッシング」と「スズラン」がプレゼントされました。

それに、農家の方が大量のタケノコを下さり、信徒のお友達がキューリ、春菊、ウルイなど下さり、八百屋さんのように、皆さんが楽しんで持ち帰って行かれました。

本当に恵まれた教会です。

2022年

5月

02日

5月30日に雪が積もりました。

30日(土)朝早く目が覚めると雪が積もっていました。ピンクの木はアメリカハナミズキで5月のはなです。冬に逆戻りした様です。

そんな中、ソーイング教室をいつものようにしましたが、高校生2名、中学生3名、大人の方2名集まり、それぞれおしゃべりしながら、パソコンケースや、ポシェットなどを作り、楽しいおしゃべりの時を持ちました。短い聖書のお話と賛美も。新しい賛美も高校生はユーチューブから歌っていました。

2022年

4月

24日

酒田からお客様を迎えました。

ほんとに久しぶりに酒田から、お客様をお迎えしました。35年前に教会においで下さり、救いの恵みにあずかられ、その後、結婚され酒田に行かれた方です。いつも山形教会を覚えて下さり、感謝しております。

写真の「モンステラ」は5年前の教会献堂式の時、小さな植木を頂いたのですが、大きく育って、昨年2分割したのがこれです。

大きく育っております。

皆さんの信仰も、育って生き生き過ごしておられることが嬉しいです。

山形教会は大歓迎しました。

 

 

2022年

4月

18日

イースター礼拝を守りました。

2022年のイースターもコロナの中でしたが、快晴にめぐまれお祝いしました。

感染対策をしながら、デッキも使ってお弁当の昼食会を持つ事が出来ました。

今年は初の試みとして、みんなでみことばの交換会をすることになり、封筒にくじとみ言葉が入っていました。

それぞれが相応しいみ言葉が与えられ感謝しました。くじでは色々なものがあたり、喜びに溢れました。

プレゼントされたDVD、聖書音楽劇「ルツよナオミ」をみんなで見て楽しい時を持ちました。平和な日本のイースターを祝いながら。ウクライナの方々の為にも祈りました。

2022年

4月

11日

パームサンデーの礼拝を守りました。

コロナの中で迎えた3年目の受難週となりました。

山形に住んで54年、春は本当にいいです。雪が解け緑が芽吹き、これから色とりどりの花が咲きます。今週には山形も開花宣言がなされるとおもいます。教会の庭の隅っこに水仙が見事に咲きました。

17日はイースタを迎えます。16日(土)はみんなでイースターエッグを作ります。

2022年

4月

04日

春になりました。桜ももうすぐです。

教会の3人の姉妹が大学生になられ、それぞれ旅立ち、又新しい生活を始められました。

幼い時から共に教会で過ごした日々を懐かしく楽しく思いだしました。それぞれが「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないで」楽しい学生時代を過ごすことが出来るよう、みんなで祈りました。写真は学生を待つ、山形芸術工科大学です。

北国山形も来週には開花宣言がありそうです。

写真が反対になるのを訂正する方法を教えて頂きました。本当に感謝です。

2022年

3月

20日

ソーイング教室の作品です

先週と先々週の写真は書き込みの時は正常でしたが、保存と共に回転してしまいました。今回はどうなるが心配です。

中学2年生がカバンを作りに来ました。3時間でおそろいのものを作り、喜んで下げて帰りました。時間のある時に思いだしてきてくれ、感謝でした。

2022年

3月

13日

今年もランの花が咲きました。

このランの花は、4年前、山形教会が新しくなり、3月23日に献堂式を持ちました。

その時、かっての教会員で、他教会に嫁いだ方から頂いた物です。毎年花を咲かせ、だんだん野生化していくようですがきれいに花を咲かせます。

 献堂式から4年経って子供たちは大きく成長し、3人はこの4月から大学生となります。

教会も子供たちと共に成長して行きたいと思います。

 雪残る 学び舎静かに振り仰ぐ

    過ぐ思い出を 胸にひめつつ 

             卒業生の歌です

 

2022年

3月

06日

久しぶりのブログです。

ブログが更新できなくなり、できる方に手伝って頂きやっと再開できました。良かったです。なかなか慣れないことで戸惑っています。教会はコロナの中ですが、会堂とラインで礼拝を守っています。ラインの方も礼拝後教会を訪ねて来られ、祈りの時を持っています。

土曜日のソーイング教室は子供たちが集まることが出来なく、少し寂しです。早く感染がおさまってみんなで集まれる日が来るといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年

2月

24日

大雪の中での礼拝を守りました

教会に沢山の冬野菜が届きました。

白菜、大根、キャベツ、ネギ、小松菜、ブロッコリー、本当に沢山のお野菜です。

八百屋さんのようになり、みなさん、喜んで頂き、「こんばんは野菜鍋にしますと。」話して居られました。

また、クリスマスの動画の為の撮影会もあり、賑わいました。

山形の秋は、柿、りんご、ラフランス、冬野菜

それに新米とおいしいものが一杯で、嬉しいです。冬はもうそこまで来ました。

 

2021年

10月

24日

山形の秋を頂きました。

2022年

8月

08日

真夏のメサイヤに行ってきました。

8月7日(日)

午後から山銀ホールでヘンデルのメサイアの演奏会がありました。

イエス様のお誕生から、十字架の死、復活、そして栄光の主のお姿。ヘンデルはこのオラトリオを3週間で書きあげたと聞き。びっくりしました。

音楽家が主イエス様をこのように表現できることに、改めてすごいと思いました。今も 「王の王、主の主」のコーラスが響いでいます。

神様からの素晴らしいプレゼントでした。

2022年

7月

26日

しおからトンボの孵化を見ました。

今朝、教会の敷地を散歩していましたら、しおからトンボが孵化をし、ゆっくり羽を乾かしていました。

教会の裏はにはきれいな水の流れている堀があります。旧会堂の時は、礼拝中にトンボが

入って来て、子供たちが大喜びをしたのを思いだします。

夏休みのキャンプの時、子供たちと羽化の様子を観察したことを思いだします。

ヤゴが変化して、空高く飛ぶ姿に、天に帰って行った牧師の事を思い起こしました。

やがて、私も天に帰る日を思った朝でした。

2022年

7月

10日

トマトが赤くなり始めました

今年は6月下旬に35度になり、猛暑が続きました。山形特産のサクランボも赤く甘かったのですが、今年はトマトも早く赤くなり始めました。早速つまみ食いをしましたら、甘くてフレッシュでした。

トマトの隣は「なす」が申し訳なさそうに1つだけ成らせました。1つだけでしたので天ぷらにして、そうめんと一緒に食べました。

ゆっくりした夏の一日でした。

2022年

6月

27日

冷房と暖房の切り替えを・・・・・

今年は教会の庭には沢山のアジサイが咲き、楽しませてもらいました。2年越しにくちなしの花も咲き、香りを楽しみました。

26日の礼拝は熱かったので、クーラーをつけました。温度を低くしても涼しくならず、女性の方は更年期障害かと思った。と話していました。

信徒の方が見るとなんと暖房になっていたそうで、寛容な信徒の皆さんは大失敗も、我慢大会になったとみんなで笑いながら話していました。

2022年

6月

12日

今年初めてのサクランボです

6月になって天候が不安定ですが、今年、初物のサクランボを頂きました。

このサクランボを見ると、初夏の訪れを感じます。

6月はお誕生日の方が3名居られたので、赤飯のお弁当をつくり、サクランボを弁当に入れました。

トマトを下さっ方、昆布巻きを作って下さる方によって、豊かなお弁当になりました。

サクランボ農家の方はこの時期、お忙しく礼拝はお休みになられました。

これから6月末までつづきます。

 

2022年

6月

05日

久しぶりに愛餐会を持ちました。

6月5日はペンテコステ礼拝でした。

聖餐式を半年ぶりに厳粛に守り、

礼拝後はイースター礼拝に続いて愛餐会を持ちました。

久しぶりのカレーで大人も子供も喜びました。大阪に行かれた方がお土産に、お好み焼きと串カツのお煎餅をくださいました。コーヒーを飲みながらゆっくり過ごすことが出来ました。

2022年

5月

30日

さわやかなブルーのアジサイ

母の日に頂いた、ピンクのカーネーションを3週間、講壇の脇に飾りましたが、6月を迎える時、星型のブルーのアジサイを頂きました。初夏の講壇となりました。

4月、5月と旧約聖書のモーセの生涯を学びましたが。29日はモーセの死についてのメッセージでした。来週はペンテコステ礼拝です。

仙台から22歳の青年をお迎えし、礼拝後自転車で鶴岡まで行くとのことでした。

若い時はいろいろなことに挑戦してみる事もいい事と思い、みんなで祈りつつ、送り出しました。

9時間かかり無事、ついてよかったです。

 

 

2022年

5月

22日

今年もアンネのバラが咲きました。

今年の冬は大雪でしたので、雪かきの為オリーブの木も、くちなしの木もみんな折れてしまいました。アンネのバラも心配しましたが、今年も元気に花が咲き、喜んでいます。これは献堂式の記念にとAIさんが尼崎のアンネの記念教会からお送り下さったものです。

挿し木して近所の方にもお分けしました。とても丈夫なバラです。

秋まで咲き続けます。楽しみです。

2022年

5月

16日

野草園の水芭蕉が咲いていました。

11日(水)聖書の学び会は、2人の方がお休みでしたので、さわやかな天気に誘われて、山形市の野草園に行ってきました。

エコーラインは若葉のトンネルで、木漏れ日がキラキラして軽井沢の様でした。

水芭蕉はすでに終わっていましたが、私たちを待っていてくれたかのように、2株白いきれいな花が残っていました。

くりんそうが一面に咲いて美しかったです。

園内は連休明けで私達だけの貸し切り状態でした。

 

2022年

5月

08日

母の日の礼拝を守りました

5月8日は今年の母の日でした。

礼拝音楽では、『まぼろしの影をおいて、浮世にさまよい」と明治の賛美歌を演奏して頂きました。

みんなでひと時、それぞれの母を思い感謝の時を持ち、礼拝後はお母さんたちに「ドレッシング」と「スズラン」がプレゼントされました。

それに、農家の方が大量のタケノコを下さり、信徒のお友達がキューリ、春菊、ウルイなど下さり、八百屋さんのように、皆さんが楽しんで持ち帰って行かれました。

本当に恵まれた教会です。

2022年

5月

02日

5月30日に雪が積もりました。

30日(土)朝早く目が覚めると雪が積もっていました。ピンクの木はアメリカハナミズキで5月のはなです。冬に逆戻りした様です。

そんな中、ソーイング教室をいつものようにしましたが、高校生2名、中学生3名、大人の方2名集まり、それぞれおしゃべりしながら、パソコンケースや、ポシェットなどを作り、楽しいおしゃべりの時を持ちました。短い聖書のお話と賛美も。新しい賛美も高校生はユーチューブから歌っていました。

2022年

4月

24日

酒田からお客様を迎えました。

ほんとに久しぶりに酒田から、お客様をお迎えしました。35年前に教会においで下さり、救いの恵みにあずかられ、その後、結婚され酒田に行かれた方です。いつも山形教会を覚えて下さり、感謝しております。

写真の「モンステラ」は5年前の教会献堂式の時、小さな植木を頂いたのですが、大きく育って、昨年2分割したのがこれです。

大きく育っております。

皆さんの信仰も、育って生き生き過ごしておられることが嬉しいです。

山形教会は大歓迎しました。

 

 

2022年

4月

18日

イースター礼拝を守りました。

2022年のイースターもコロナの中でしたが、快晴にめぐまれお祝いしました。

感染対策をしながら、デッキも使ってお弁当の昼食会を持つ事が出来ました。

今年は初の試みとして、みんなでみことばの交換会をすることになり、封筒にくじとみ言葉が入っていました。

それぞれが相応しいみ言葉が与えられ感謝しました。くじでは色々なものがあたり、喜びに溢れました。

プレゼントされたDVD、聖書音楽劇「ルツよナオミ」をみんなで見て楽しい時を持ちました。平和な日本のイースターを祝いながら。ウクライナの方々の為にも祈りました。

2022年

4月

11日

パームサンデーの礼拝を守りました。

コロナの中で迎えた3年目の受難週となりました。

山形に住んで54年、春は本当にいいです。雪が解け緑が芽吹き、これから色とりどりの花が咲きます。今週には山形も開花宣言がなされるとおもいます。教会の庭の隅っこに水仙が見事に咲きました。

17日はイースタを迎えます。16日(土)はみんなでイースターエッグを作ります。

2022年

4月

04日

春になりました。桜ももうすぐです。

教会の3人の姉妹が大学生になられ、それぞれ旅立ち、又新しい生活を始められました。

幼い時から共に教会で過ごした日々を懐かしく楽しく思いだしました。それぞれが「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないで」楽しい学生時代を過ごすことが出来るよう、みんなで祈りました。写真は学生を待つ、山形芸術工科大学です。

北国山形も来週には開花宣言がありそうです。

写真が反対になるのを訂正する方法を教えて頂きました。本当に感謝です。

2022年

3月

20日

ソーイング教室の作品です

先週と先々週の写真は書き込みの時は正常でしたが、保存と共に回転してしまいました。今回はどうなるが心配です。

中学2年生がカバンを作りに来ました。3時間でおそろいのものを作り、喜んで下げて帰りました。時間のある時に思いだしてきてくれ、感謝でした。

2022年

3月

13日

今年もランの花が咲きました。

このランの花は、4年前、山形教会が新しくなり、3月23日に献堂式を持ちました。

その時、かっての教会員で、他教会に嫁いだ方から頂いた物です。毎年花を咲かせ、だんだん野生化していくようですがきれいに花を咲かせます。

 献堂式から4年経って子供たちは大きく成長し、3人はこの4月から大学生となります。

教会も子供たちと共に成長して行きたいと思います。

 雪残る 学び舎静かに振り仰ぐ

    過ぐ思い出を 胸にひめつつ 

             卒業生の歌です

 

2022年

3月

06日

久しぶりのブログです。

ブログが更新できなくなり、できる方に手伝って頂きやっと再開できました。良かったです。なかなか慣れないことで戸惑っています。教会はコロナの中ですが、会堂とラインで礼拝を守っています。ラインの方も礼拝後教会を訪ねて来られ、祈りの時を持っています。

土曜日のソーイング教室は子供たちが集まることが出来なく、少し寂しです。早く感染がおさまってみんなで集まれる日が来るといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年

2月

24日

大雪の中での礼拝を守りました

教会に沢山の冬野菜が届きました。

白菜、大根、キャベツ、ネギ、小松菜、ブロッコリー、本当に沢山のお野菜です。

八百屋さんのようになり、みなさん、喜んで頂き、「こんばんは野菜鍋にしますと。」話して居られました。

また、クリスマスの動画の為の撮影会もあり、賑わいました。

山形の秋は、柿、りんご、ラフランス、冬野菜

それに新米とおいしいものが一杯で、嬉しいです。冬はもうそこまで来ました。

 

2021年

10月

24日

山形の秋を頂きました。